048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 人気があるキッチンの種類は?タイプ別の特徴をご紹介

人気があるキッチンの種類は?タイプ別の特徴をご紹介

≪ 前へ|共有名義で不動産購入するメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産の仲介手数料が無料になる・割引される仕組みとは? 知っておきたいデメリットも解説|次へ ≫

人気があるキッチンの種類は?タイプ別の特徴をご紹介

カテゴリ:購入
綺麗でオシャレなキッチンがあれば、毎日のお料理つくりも楽しくなりますし、便利で快適に使うことができます。
キッチンにどんなことを求めるかによっておすすめしたいものが異なりますので、まずは自分がお料理をする場面を想像してみてください。
ここでは、人気のある「壁付キッチン」、「アイランドキッチン」、「ペニンシュラキッチン」のそれぞれの特徴についてご紹介します。

キッチンの種類で人気がある壁付キッチンの特徴とは

壁付キッチンとは、別名背面キッチンやウォール型キッチンと呼ばれているものです。
一般的によく目にしているものがこれにあたり、壁にくっ付いた状態の造りになっており、壁に向かって使います。

コンロや洗い場、調理スペースのすべてが壁に付いており、コンパクトタイプもあれば広々とした大きめサイズのものもあります。

目の前が壁になっているため、料理や手元に集中しやすく、気が散りにくいといった良さがあります。
また、壁とキッチンの間にすき間がありませんので、スペースを最大限に広く使用できますし、その分リビングなどの別の空間を広く使えるといったメリットもあります。

しかしながらデメリットもあります。
壁に向かって料理をすることになるため、料理以外のことに目が行きにくくなります。
子どもを遊ばせながら料理をしたいときなどは、それが難しい場合もあります、照明などを吟味しなければ、場合によっては夜手もとが見えにくくなることもあります。
いくつかの種類があり、それぞれにメリットがありますので、壁付キッチンを選びたい方は、どんなタイプが使いやすいかイメージしながら判断すると良いでしょう。

壁付キッチンのI型タイプ
I型タイプは、コンロや洗い場、調理台などがまっすぐに並んでいるのが特徴です。
まっすぐなので、動きやすいのですが、その反面大きめサイズになると端から端までの長さがあるため、移動しにくいと感じる方もいるようです。

壁付キッチンのL型タイプ
L型タイプは、Lの形に造られており、移動しやすく効率よく動けるが魅力です。
ただし、端の角部分がデッドスペースになりやすいといった特徴もあります。

対面と合わせたキッチンも
壁付キッチンと、対面式と合わせたタイプもあります。
こちらは、作業しながらリビングのようすも見ることができますので、子どもを遊ばせながら料理ができたり、リビングのテレビを観ながら作業ができたりして便利です。

キッチンの種類で人気があるアイランドキッチンの特徴とは

アイランドキッチンは、キッチンが独立して設置されているタイプです。

広くて移動しやすいため、複数の人で料理をするときも動きやすくて便利ですし、広く造れば、そこで食事やティータイムが楽しめるといったメリットもあります。
オシャレな雰囲気がありますので、キッチンにこだわりがある方にもおすすめです。
デザインやテイストも多数ありますので、お部屋の雰囲気に合ったものを見つけやすいのも良いところです。

デメリットは、どうしても広いスペースが必要となるため、キッチンスペースがせまくなってしまったり、反対にある程度のスペースがないと設置できなかったりすることです。

また、いつも丸見え状態になりますので、日頃から丁寧な掃除や整理整頓が必要になりますので、忙しい方はとくに注意が必要だと言えるでしょう。

アイランドキッチンがあれば家族みんなで料理ができる
開放的でさまざまな角度から使用できるアイランドキッチンは、家族で料理をすることが多い方にもぴったりです。

また、友人や知人を招いて料理をしたり、ホームパーティーをすることが多かったりする方も、便利に感じられることでしょう。

みんながキッチンに集まって、料理をしながらドリンクとおしゃべりで盛り上がることもできそうです。
その場で食べたり飲んだりするなら、食器などの後片付けも楽々できることでしょう。

アイランドキッチンにするならニオイ対策もしっかりと
アイランドキッチンは、こまめな掃除や整理整頓が必要になりますが、忘れてはいけないのがニオイと煙対策です。
造り上、どうしてもリビングなどにニオイが広がりやすいので、換気などが必要なのはもちろん、ニオイに敏感な方はよりこまめな対策が必要になります。
また、油を使う料理などは、どうしても油がはねやすいですが、その影響をダイレクトに受けやすいため、あらかじめ何らかの対策を考えておく必要もあります。

キッチンの種類で人気があるペニンシュラキッチンの特徴とは

ペニンシュラキッチンもオシャレで人気がありますが、特徴はカウンターの右あるいは左が壁にくっ付いていることです。

これは、半島という意味があるペニンシュラが名前の由来になっており、キッチンのその姿が半島に似ていることからこの名前で呼ばれるようになったのだそうです。
アイランドキッチンと同じように解放感があり、洗練された雰囲気があるのはもちろん、使いやすさから見てもメリットは少なくありません。
アイランドキッチンと対面式キッチンの両方の魅力が感じられますので、是非こちらのキッチンも検討してみてください。

カウンターの左右のいずれかが壁に付いていることで、アイランドキッチンを設置するまでのスペースがなくても、取り付けることができるといったメリットもあります。

また、アイランドキッチンは油のはねが気になりやすいですが、ペニンシュラキッチンであれば造りしだいでその心配を軽減させることもできますし、パーテーションなどを使って対策することもできます。

デメリットは、それでもニオイや油のはねが気になりやすいことと、日頃から掃除や片付けをきちんとしなければならないことです。

また、収納スペースをどこに設けるかといったことで悩むこともありますので、実際に使うときのことを考えながらキッチン全体を検討することをおすすめします。
ペニンシュラキッチンにはいくつかのタイプがありますので、特徴を比較しながら良いと思うものを選んでみてください。

ペニンシュラキッチンのI型タイプ
コンロや洗い場、調理台などがまっすぐに並んでいるのが特徴です。
必要に応じて、左右を行ったり来たりしながら使うことになりますが、広く手解放感があるなか動けますので、気持ち良く利用できることでしょう。
現在は、いくつか種類があるなかでこのタイプが一番多く見られます。

ペニンシュラキッチンのL型タイプ
L型タイプのメリットは、あまり移動することなく作業ができることと、比較的お手入れが楽にできることです。
必要に応じで、体の向きを変えながら作業ができますので疲れにくいといった良さもあります。
冷蔵庫やレンジ、収納などの配置を工夫すれば、さらに使いやすくキッチン仕事が楽になります。

イメージに合わせてレイアウト
キッチンに対する考え方は人それぞれです。
料理をするだけを目的にする方もいれば、そこで一緒に食事をしたいなどの考え方を持っている方もいます。
イメージに合ったレイアウトができるのも、ペニンシュラキッチンの魅力です。


まとめ
キッチンにはいろいろな種類がありますので、目的に合わせて選んでください。
壁付キッチンは、掃除やお手入れがしやすいですし、アイランドキッチンは存在感があり、多数の人で料理ができるのが魅力です。
また、ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンの良さを感じつつ、レイアウトがしやすいといった良さがあります。
≪ 前へ|共有名義で不動産購入するメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産の仲介手数料が無料になる・割引される仕組みとは? 知っておきたいデメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


草加市西町

草加市西町の画像

価格
5,590万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県草加市西町
交通
草加駅
徒歩12分

草加市谷塚上町

草加市谷塚上町の画像

価格
3,990万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県草加市谷塚上町
交通
舎人駅
徒歩22分

草加市瀬崎5丁目

草加市瀬崎5丁目の画像

価格
4,790万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県草加市瀬崎5丁目
交通
谷塚駅
徒歩13分

草加市青柳4丁目

草加市青柳4丁目の画像

価格
3,680万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県草加市青柳4丁目
交通
越谷レイクタウン駅
バス13分 青柳中央 停歩8分

トップへ戻る