048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンのつなぎ融資とは?必要なケースやメリットを解説

住宅ローンのつなぎ融資とは?必要なケースやメリットを解説

≪ 前へ|離婚後でも子どもに不動産の相続権はある?トラブルを避ける方法も解説   記事一覧   エレベーターのないマンションは売却できるのか?コツや注意点を解説|次へ ≫

住宅ローンのつなぎ融資とは?必要なケースやメリットを解説

カテゴリ:住宅ローン

不動産を購入するにあたり、住宅ローンだけでなく「つなぎ融資」が必要になるケースがあります。
そこで今回は、つなぎ融資が必要となるのはどのようなケースなのか、メリットとデメリットもあわせて解説します。
マイホームの購入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

住宅ローンのつなぎ融資とは?

つなぎ融資とは、住宅ローンの実行前に、一時資金として融資を受けることを言います。
住宅ローンの融資が実行されるのは、マイホームの引渡し後です。
しかし、注文住宅を建築する場合、家が完成するまでに着工金や土地の取得費用を支払う必要があり、自己資金でまかないきれない可能性があります。
つなぎ融資をおこなうと、そのような費用を住宅ローン実行前に借り入れることができるのです。
つなぎ融資で借り入れた元金は、住宅ローン実行時に一括返済することが一般的です。

住宅ローン実行前につなぎ融資が必要なケースとは?

注文住宅の建築や中古物件のリノベーションで資金が必要となった場合や、住宅ローンの契約が間に合わない場合などは、つなぎ融資が必要です。
住宅ローンの契約では、引き渡しまでに融資金が受け取れるように日時を調整します。
しかし、何らかの理由で引き渡しに間に合わなくなったとき、つなぎ融資が役に立つのです。
また、住み替えで旧居の売却と新居の購入のタイミングがずれてしまった場合にも、つなぎ融資を利用することができます。

住宅ローン実行前につなぎ融資を利用するメリットとは?

つなぎ融資のメリットは、住宅ローンの実行前に費用が発生しても、自己資金を用意する必要がない点です。
建築中に必要な資金を用意する手間が省けるため、マイホームを購入したい場合、速やかに実行にうつすことができます。
また、住み替えの場合には、旧居の売却を待たず新居を購入することができるでしょう。
つなぎ融資のデメリットは、住宅ローンより金利が高く設定されていることです。
さらに、融資にあたり手数料や保証料が別途かかります。
金融機関によってはつなぎ融資をおこなっていないこともあり、利用が限定される点もデメリットと言えるでしょう。
つなぎ融資は住宅ローン控除の対象外となっている点についても、注意が必要です。

まとめ

つなぎ融資とは、注文住宅を建築したり中古住宅をリノベーションしたりする際、住宅ローン実行前に融資を受けることをさします。
つなぎ融資で借り入れた元金は、住宅ローンの実行時に一括返済で返済することとなります。
つなぎ融資にはメリット・デメリットがあるため、どちらも把握したうえで利用を検討することが大切です。

 

≪ 前へ|離婚後でも子どもに不動産の相続権はある?トラブルを避ける方法も解説   記事一覧   エレベーターのないマンションは売却できるのか?コツや注意点を解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る